☆大本さんはどんなお仕事されてるの?その1☆

☆大本さんはどんなお仕事されてるの?その1☆

たまに聞かれるわけです。
「大本さん、どんな仕事してるの?」

えーと・・・経営コンサル

一言で済むや(笑)

だけど中身はいろいろなんです、経営コンサルって。

わたしの場合は

1.企業のアドバイザー
2.創業のお手伝い
3.キャリアコンサルタント
それと
4.講演講師

この4つです。

以前タクシー会社の総務部で人事労務(入社退職手続き、給与計算、社員教育など)と経理(資金繰り、帳簿付け、経営計画など)をやってました。

その流れで「人材」と「お金」に関することがメインです。

だって20年以上、実務をやってたもの(笑)
さて、具体的に何をしているか、今日は一つだけご紹介させてください。

◆1.企業のアドバイザー

企業と顧問契約をさせていただき、業績向上のお手伝いをします。

イメージは、たまに出社してくる常務です。

<お手伝いの内容>

○最近あったできごとを社長からヒアリングし、会社の目的・目標からブレていないか第三者として感じたことを、ストレートに社長にお伝えします。(ストレートすぎて、社長を怒らせることがたまにありますが・・・汗)

○売上と経費と利益、これらの推移を観察して対策を社長と一緒に考えます。

○資金繰り表を作成します。お金の流れがわからない不安を解消します。

○社員さんに継続的に面談を実施し、社長の思いを第三者として伝えます。

※社長が言うとパワハラ、わたしが言うとアドバイスになります(笑)

○社員さんと個人面談して本音を聞かせていただき、社内体制の改善箇所を社長に伝えます。

○キャリアカウンセリングを必要に応じて社員さんに実施します。ご本人の進みたい方向を伺い、今後の適切な社内研修をご提案します。

★顧問先からいただく感想は「大本さんがいて心強い!」です。

<事例>

Aクリニックではスタッフ(30代の女性)が社長に反抗的な態度をとり、他のスタッフに悪影響が出ていました。私が社員教育と個人面談を隔週・6ヶ月実施するとスタッフの態度に変化が起こり、「ここまで効果が出るとは思わなかった」と社長さんから感謝の言葉をいただきました。

B株式会社では古参のスタッフが突然退職すると宣言し社内が混乱しました。連絡を受けた私は古参社員と個人面談を実施。翌日わたしが立ち会い、社長と古参社員で話し合いをもって頂き、辞意を取り下げてくれました。
そのスタッフさんは、今でも元気良く働いておられます。

ほかの3つの業務は別の機会にお伝えさせてください。

その意味で!

おおもと経営オフィス

わたしは札幌で経営者様に「失敗しない経営をお伝えし、事業の永続的発展をお手伝い」しているコンサルです。 社長さんと社員さんがニコニコ笑って仕事ができる一助になりたい、それが私の思いです。 「気軽に相談できる相手がいない若手経営者にオススメです」と言われます。 講習会の講師、社員研修、ビジネスコーチング(経営相談)のお仕事をしています。