コンサルの感想がめっちゃうれしかった件

わたしは社長さんの相談にのるお仕事もしております。

先日、ある社長さんからいただいた感想がめちゃくちゃ嬉しかったので、自慢じゃないけど掲載します(笑)

(以下本文)

◆大本のコンサル・コーチング(面談)を受けた目的は何でしたか。

自社の経営戦略について考えをまとめるために、思考の整理が必要であると感じ、そのためには信頼できる第三者による視点が必要であると考えました。
その中でも、「こうあるべき」「こうすべき」という指示をもらう形式のコンサルティングではなく、「考えるためのヒント・質問」をいただく中で、自分の中で問題や課題の明確化をして、解決策に気づくための関わりをしてもらうというコーチング手法に魅力を感じ、実際にコーチング手法を実践しているのが大本さんであり、自分が求めていた第三者である専門家による関わりをしてもらえると期待をしたからです。

◆コンサル・コーチングを受けてみて何が良くなりましたか。

「その問題を放置するとどんな悪いことが起こるか?」「その課題を乗り越えると社長には、社員には、クライアントにはどんな良いことが起こるか?」といった質問を刻んでいくことにより、答えを出すために頭の中が整理され、面談セッションの中で得た気づきやまとまった考えなどを実際の経営戦略の中に折り込み、ひとつづつ課題を解決して、一歩前に進む実感を得られております。
経営者としての困り事や考え事は尽きませんが、面談セッションのおかげで、ひとつづつ着実に向き合うことができていると感じています。
最終的に決めるのは自分ですが、「決めるために考えの整理をする」ための関わりというのが価値であると感じています。

◆どんな社長さんにオススメしたいですか。

コーチング手法に高い専門性を持っているのはもちろんですが、非常に親身にかつ問題要素を明確にするためのヒアリングを行ってくださいます。また、キャリアコンサルタントとしての知見もお持ちであるという背景もあり、組織の最大の資源である「人」についての課題解決について豊富な気づきをいただくことができます。
そのため、今後事業の成長を目指していてなかなか気軽に相談できる相手がいない若手の経営者や、人を雇用して組織を大きくしていきたい考えを持つ経営者にオススメしたいと思います。

(以上本文)

ありがとうございます!

※コンサルのご紹介ページはこちら → http://oomotokeiei.jp/advisor.html


おおもと経営オフィス

わたしは札幌で経営者様に「失敗しない経営をお伝えし、事業の永続的発展をお手伝い」しているコンサルです。 社長さんと社員さんがニコニコ笑って仕事ができる一助になりたい、それが私の思いです。 「気軽に相談できる相手がいない若手経営者にオススメです」と言われます。 講習会の講師、社員研修、ビジネスコーチング(経営相談)のお仕事をしています。